Y!mobile(ワイモバイル)で料金トラブルに巻き込まれた話

スポンサーリンク

こんにちは。さらしんです。

今年の7月に、携帯のキャリアをSoftBankからY!mobileに乗り換えました。

月々の支払いが半分くらいになる試算で、家計の固定費の削減ができたと喜んでいたのも束の間、見積もってもらっていた料金と全然違う料金が請求されていることに気がつきました。

かなりレアなケースに該当すると思いますが、備忘録も兼ねて記事にしたいと思います。

まとめ

お店側の非を認めていただき、過大請求されていた金額は、月々の支払いから差し引いてもらえることになりました。

見積書と請求金額が違う方がいらっしゃれば、是非お店に相談しに行ってみて下さい。取り返せる可能性はあると思います!!

詳細は以下に記載していきます。

SoftBankからY!mobileへ乗り換え

私はかれこれ8年くらいずっとSoftBankでスマートフォンの契約を続けていました。

近年は、料金が高いのが常に不満で、今回2年契約の切れ目で、Y!mobileに乗り換えることを決心しました。

乗り換えるに当たっては、色々検討しましたが、料金もそこそこ安くて、iPhoneが選べて、近くに店舗もあるY!mobileに決めました。

Y!mobileの店員さんから提示された見積もり金額は、以下の通りです。

初月:5,007円

2~13ヶ月目:4,085円

14~25ヶ月目:5,165円

※iPhone7(32GB)機種代込み、データ容量:2GB

しかし、請求されていた金額は次の通りでした。

初月:6,488円

2ヶ月目:8,945円

全然違ーう!2ヶ月目に至っては4,000円以上差があるー!!

インターネットでも調べてみましたが、数百円の差があった方はいらっしゃいましたが、自分みたいに1,000円以上も差がある人はおらず、お店に相談しに行くことになりました。

お店でのやり取り

幸いにも、契約時の見積書と契約書の控えをまだ保管していたので、それを持ってお店に行きました。

この2つがあったことで、スムーズに話が進みました。

こういった書類関係は割とすぐに捨ててしまいがちなんですが、今回は保管していて命拾いしました。

見積書と契約書の控えを提示して、お店の店長さんらしき方と間違え探しを進めていきました。

見えてきたお店側のミス

店長さんに色々確認してもらうと、お店側のミスが2件重なっていたことが明らかになりました。

1つ目のミス

1つ目のミスは、料金プランが見積書の内容と違っていました。

見積書では、「スマホプランS」。

契約書の方は、「スマホベーシックプランS」。

似ていますね。

「スマホプランS」は、2年縛りありのプラン、「スマホベーシックプランS」は2年縛りのないプランです。

この10月からは、2年縛りなしのプランが標準になっているみたいです。

この時はちょうど過渡期でどちらでも選べるようになっていたみたいです。

また、私が契約した時は、見積書の作成は新人らしき方で、契約からはベテランっぽい方が担当していました。

そのときは店内もかなり混んでいましたので、忙しさもあって、きちんと引き継ぎができていなかったのでしょう。

契約時に、私も確認をしたつもりではいましたが、さすがに一般人がこの違いに気付くのは難しいと思いました。

2つ目のミス

2つ目のミスは、割引条件の適用ミスでした。

SoftBankからY!mobileへの乗り換えと、SoftBank以外からY!mobileへの乗り換えだと、割引金額が違うみたいです(SoftBank以外からY!mobileへ乗り換えの方が多く割り引きされる)。※ややこしくてすみません。

今回私は、SoftBankからY!mobileに乗り換えたんですが、SoftBank以外からY!mobileへ乗り換える前提で割り引きされており、それによる差も加わっていました。

これは、見積作成を担当してくれた新人さんのミスのようです。

店長は悪くないのに、結果的に部下2人のミスにより謝らないといけないという状況になってしまいました。

部下を持つって大変だなーと思いました。

過大請求分は月々の支払いから減額してもらうことに

結局、お店側のミスを認めて頂きました。

返金方法は、現金払いかなと思いきや、月々の支払いから減額してもらうことになりました。

減額の金額は精査して、電話連絡するということで一旦お店からは退散しました。

お店から約3万円の減額と連絡が

後日お店から電話がかかってきて、約3万円を月々の支払いから減額致しますと言われました。

クレーム対応をしてくれた店長が電話してくると思いきや、見積作成を担当していた新人さんが電話をかけてきました。

なんとなく最後まで、店長に担当して欲しかったです。

電話口の新人さんに減額の金額の内訳を書面で送って欲しいと伝えても、それはできませんと言われ、何かあったらまた連絡して下さいの一点張り。

疑っているわけではないのですが、今までのこともあるしなんか心配です。

不信感が払拭されない感じで、なんとゆうか不完全燃焼な心境で今に至っております。

念のため、引き続き減額前の金額と、減額分は確認して、おかしなところがあればまた相談に行こうかなと思っています(またお店行くの面倒くさいですけど)。

最後に

今回は、私が巻き込まれたY!mobileでの料金トラブルについて書きました。

お店側のミスが2件重なったということで、かなりレアなケースかなとは思いますが、同様のお悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。

また、これから携帯を乗り換える方も、何があるか分かりませんので、見積書と契約書の控えは捨てずに保管しておいた方が良いと思います!!

今回の件で、携帯の料金プランはもっと分かりやすくシンプルにして欲しいとつくづく思いました。

どこからの乗り換えか、割引の期間はいつまで適用か、オプションがどーたらこーたら。

商品を扱っている店員さんでも間違えるレベルです。

ちなみに、Y!mobile自体の使い心地は全くストレスありません。

キャリアを変えたことに関しては後悔はありません。

スマホ代を抑えたい方にはかなりおすすめできます。

以上最後まで読んでくださってありがとうございました。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です