THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO(ザ ソウドウ 東山 京都)での結婚式

自分の結婚式に関する話です。

家の整理整頓をしていると、結婚式のDVDが出てきました。

久しぶりに、結婚式のDVDを見たら、当時のことを思い出してブログに書こうと思い立ちました。

興味のある方はお付き合いください。

自分たちは、 THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO(ザ ソウドウ 東山 京都)というところで結婚式を挙げました。

ここの場所は、本当に素敵なところでした。

私と妻もとても気に入って式場として選んだわけですが、家族や友人、同僚からの評価も非常に高かったのを今でも覚えています。

THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO(ザ ソウドウ 東山 京都)で結婚式を挙げることを検討している方や京都で式場を探している方の参考になると嬉しいです。



THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO|ザ ソウドウ 東山 京都 とは

THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO(ザ ソウドウ 東山 京都 )は、京都の東山にある結婚式場です。

公式HPを見てもらっただけでも、とても素敵なところだと分かると思います。

ザ ソウドウ 東山 京都 公式HP

京都のシンボル、八坂の塔のふもとに広がるイタリアンレストラン。
清水寺や八坂神社へは歩いて行ける所に位置し、日本の歴史が残る街です。
建物は日本画の巨匠、竹内栖鳳が構えた約90年前の邸宅をリノベーションした日本家屋。
四季によってさまざまな景色が楽しめる広い庭園が広がります。

結婚式だけではなく、普通にランチやディナーを食べに行くこともできます。

ソウドウで結婚式を挙げることになった経緯

実は、私たち夫婦は京都に縁もゆかりもありません。

二人とも中国地方の出身で地元が一緒の幼なじみです。

元々は、二人とも中国地方の地元で、付き合っていたのですが、私の仕事の関係で北陸地方への異動が決まりました。

その仕事の異動が結婚のきっかけです。

籍だけは先に入れて、北陸地方での生活が落ち着いてから結婚式を挙げることにしました。

結婚式場選びには、非常に悩みました。

二人とも地元は同じなので、地元で式を挙げるのが一般的です。

しかし、結婚式の打ち合わせの度に北陸地方から中国地方に帰省するのは中々大変です(車で片道6時間くらいです)。

かといって、北陸地方で挙げるとなると、高齢の親族などが来られない可能性もありました。

そこで、間をとって、その二つの中間地点である京都で挙げることに決めました。

ゼクシィで見つけて、下見で即決

京都の結婚式場は全然分からなかったので、ゼクシィを買って調べました。

いくつかリストアップして、下見へ。

最初に行ったのが、 THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO(ザ ソウドウ 東山 京都) でした。

建物の中や披露宴会場を見せてもらって、その素敵さに魅了されました。

特に妻がこの場所を気に入り、その場で挙式日の仮予約を入れました。

12月に下見に行ったんですが、たまたま、3月の上旬に空いている日があるということだったのでその日を抑えてもらいました。

結婚式までの期間が3ヶ月しかないということと、あまり人気のないシーズンということで、かなり割引がありました。

いい季節(春とか秋)に普通に(半年後とか1年後とか)予約しようと思うと結構いい値段になりそうな感じでした。

今思えば、ソウドウの値段の相場を普通に知っていたら、最初から下見にすら行っていなかったかもしれませんが、京都の式場のことを全然知らなかったことは逆に良かったのかもしれません。

結婚式の合計金額は

結婚式の合計費用は

約3,400,000円でした。

出席者は57名。

アトリエという会場でした。

https://www.thesodoh.com/wedding/banquet.php

当日成約やその他諸々で900,000円程割引されてこの金額です。

オプション類

挙式から披露宴の間の、写真とビデオ撮影をお願いしました。

写真が130,000円、ビデオが160,000円でした。

どっちもお願いしておいて良かったです。

ビデオはお願いするかどうか迷いました。

ビデオは後で見返すと何だか恥ずかしいですが、写真よりもその場の雰囲気をはっきりと思い出させてくれるのでいいと思います。

ソウドウの良かったところ

良かったところは書き切れないくらいあります。

挙式会場、披露宴会場が素敵

この良さをどう言葉で伝えていいか分かりませんが、とにかくいいです。

基本的には和風なんですが、神社仏閣のような堅苦さはなく、洋のテイストも散りばめられていて、とても上品な感じです。

https://www.thesodoh.com/wedding/banquet.php

ドレスが素敵

妻としては、ここのポイントも非常に高かったようです。

結婚式で使うドレスや着物などの衣装は提携しているトリートドレッシングで準備をします。

これは、京都の錦市場の近くにあるのですが、ここもまた素敵なところでした。

https://www.treatdressing.jp/shop/kyoto/

置いてある衣装も素敵なやつばかり。

妻も試着の時はとても楽しそうにしていました。

新郎の衣装は一瞬で決まります。笑

スタッフのプロ意識が高い

結婚式は、友達や同僚だけではなく、会社の上司や年配の親族にも来てもらうことになります。

そういった方達に失礼がないようにしたいという思いがありました。

個人的な経験ですが、地元のおばちゃんや若い大学生がアルバイトとして結婚式場で働いている場合もあります。

料理の配膳や飲み物の注文の取り方など、配慮が足りない場面に出くわしたことが何度かあります。

自分は別に気にならない方ですが、これが自分が招いたお客さんに対してだったら嫌だなと思うことはありました。

その点ソウドウだと、プラドゥーシーの従業員かアルバイトかは分かりませんが、皆さん意識が高く、スマートにてきぱきと仕事をこなしていたので、安心して任せることができました。

福岡でプランドゥーシーの運営しているホテルに泊まったときも、同様のことを思いました。

きっと、教育体制がしっかりしているのでしょう。

料理が美味しい

ソウドウはイタリアンレストランでもあります。

ランチやディナーを食べに行くことができます。

食べログでも高評価です。

ソウドウ食べログ

結婚式の料理も非常に美味しかったです。

自分たちは当日食べることはできませんでしたが、後日、妻と二人で結婚式と同じ料理をゆっくりと食事させてもらえました。

立地がとても良い

ソウドウは京都の東山というところにあります。

近くには、京都を代表する観光名所がいくつもあります。

清水寺、高台寺、 二寧坂・産寧坂 、八坂神社、知恩院など。

私たちの場合は、京都から来た人は一人もおらず、みんな全国の違うところから集まってもらいました。

そのせいか、結婚式と併せて、周辺の観光もされていたようです。

特に遠方の方には、喜んでもらえました。

京都駅からは、少し離れているので、その点少し不自由さはあるのですが、その分、京都らしさを満喫してもらえたかなと思います。

ソウドウ周辺で撮った写真です。

ソウドウの悪かったところ

悪かったところは、正直ありませんでした。

強いて言うなら、プランナーの方が途中で退職されて辞めてしまったことです。

今まで打ち合わせなどやってきたのに、そんなことあるんだと、結構びっくりでした。

でも、代わりの方も非常にいい人で、特に問題なく最後まで結婚式を進めることができました。

結婚式の様子

結婚式当日の写真をいくつか載せます。

雰囲気が少しでも伝わればと思います。

今見返してもいい写真がいっぱいあって嬉しいです。

夜は昔の時代にタイムスリップしたような感じでした。

その他メリット

割引カードがもらえる

ソウドウを始め、プランドゥーシーが運営しているホテルや、レストランで使えます。

確か10%OFFだったと記憶しています。

一生使えるみたいです。

主要都市にあるみたいなので、色々行ってみたいと思います。

ご飯を食べに行ける

地元の式場だと、そこにわざわざご飯を食べに行くというのはほとんどないと思います。

ソウドウの場合は、普通にレストランとしても営業しているので、ご飯を食べに行けます。

といっても、京都には住んでいませんので、気軽には行けないのですが。

京都に結婚したときのことを思い出せる、美味しいレストランがあると思うとなんかいいですよね。

またお金貯めて旅行に行きたいなと思わせてくれます。

子どもが生まれてから1度だけご飯を食べに行きました。

写真を撮ってくださったり、挙式会場に入れてもらったりしました。

また、機会があれば京都旅行の旅程に組み入れたいと思います。

最後に

ちょっと長くなってしまいましたが、以上がソウドウでの結婚式の話です。

ソウドウで結婚式を挙げることができて良かったです。

教会でやる洋風な結婚式もいいですが、こういった和の雰囲気でやる結婚式もいいと思います。

これから結婚式をされる方の参考に少しでもなれば嬉しい限りです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です