【詳しく紹介】玉造温泉の長生閣に泊まりました

スポンサーリンク

先日、島根県松江市にある玉造温泉に行ってきました。

宿泊したのは、「玉造グランドホテル長生閣」というところです。

部屋の様子や料理などの様子を写真を交えて詳しく紹介します。

玉造温泉で宿泊する旅館を検討されている方の参考になると嬉しいです。

長生閣に宿泊した感想のまとめ

長生閣に宿泊した感想をまとめるとこんな感じです。

感想まとめ
  • 施設や部屋が老朽化している部分はあるが、要所は改装されおり、全体的にキレイ
  • 夕食、朝食ともにとても美味しい(夕食はコースの選択がポイントかもしれません
  • 大浴場も広いし、露天風呂もあってとてもいい
  • 感染症対策もしっかりされており安心
  • 値段はちょっと高いかなと感じました
楽天トラベルで予約をしましたが、酷評されている方が目についていたので少し不安はあったのですが、特に不満なところはなく気持ちよく過ごすことができました。

価格がもう少し抑えられると大満足でしたが、島根県で一番有名な温泉街ですので、高めなのはしょうがないかなと思います。

非常に良いところでしたので、おすすめできる旅館です。

それでは、細かく紹介していきたいと思います。

我々の宿泊プラン

今回の我々の宿泊プランを紹介します。

宿泊にあたっては、楽天トラベルで予約を行いました。お得なクーポンもあり通常より安く泊まることができ、色んなところで使える楽天ポイントも貯めることができます。

宿泊人数は3人(大人2人、子供1人)

※子供は布団あり、食事ありにして、小学校高学年に設定してます。(大人の70%の料金)

部屋は禁煙の一般客室12.5畳のお部屋でした。

お部屋の様子

部屋はこんな感じでした。

3人には十分過ぎる広さです。

最大6人くらいまでは一緒に宿泊できそうな広さでした。

部屋の窓から庭園が一望できました。非常に良い景色でした。

部屋のお風呂や洗面台は少し古い感じです。

でも大浴場に行くので一切問題ありません。

トイレは新しくてとてもキレイでした。

山陰銘菓のどじょうすくいまんじゅうが置いてありました。

部屋には、加湿器も置いてありましたので、部屋の乾燥が気になる方も大丈夫です。

ちなみに、長生閣は宿泊棟が3つに分かれていました。

今回我々が宿泊したのは、長生殿の4階のお部屋でした。

食事の様子

長生閣での食事の様子を紹介します。

夕食の様子

夕食の食事会場は「八雲」というところでした。

とっても広くてきれいなところで驚きました。

夕食は、通常のグルメコースより1ランクUPの「厳選会席」を選択しました。

冬の厳選会席「宝珠」(11/7~3/31)というやつで、内容は以下の通りです。

献立
  • 先付 柚子養老豆腐
  • 前菜 湯富家冬味覚盛り
  • 造り 地魚四種
  • 鍋物 河豚(ふぐ)鍋
  • 酢物 茹でズワイ蟹
  • 焼物 和牛ステーキ 岩塩
  • 蓋物 甘鯛雪中蒸し かぶらあん
  • 食事 大山鶏五目御飯
  • 香の物 三種
  • 留椀 清仕立 湯葉
  • デザート 特製プリン他
鰆(さわら)、鯛(たい)、カンパチ、マグロ

どれも美味しかったんですが、特にお刺身と和牛ステーキは絶品でした。

夕食を酷評しているレビューも見かけましたが、どれも美味しかったので安心しました。

でもプランによっては、もしかするといまいちな料理あるのかもしれません。

プラン選定時には注意してみてください。

また、個室で食べておられるグループもおられました。

感染症が心配な方は夕食個室のプランで予約するといいと思います。

朝食の様子

朝食会場は、「出雲ダイニング秀峰」というところでした。

こちらもすごい広くて、キレイなところでした。

バイキング形式で食べたいものを取りました。

どれも美味しかったです。

島根の名産品が多く並んでおり、色々な味を楽しめる内容となっていました。

バイキング会場の入り口では、手のアルコール消毒に加えて、ビニール手袋が渡されます。

その手袋を着用して、トングなどを持つように指導されました。

感染症対策もしっかりされており安心しました。

お風呂の様子

お風呂の様子は写真はないのですが、公式HPからお借りしてます。

長生閣 公式HPより
長生閣 公式HPより

男湯と女湯が夜と朝で入れ替わりますので、どちらの浴場も利用することが可能です。

夜の入浴時間は14:00~24:00

朝の入浴時間は05:00~10:00

となっていました。

大浴場、露天風呂ともに広くて開放感があり、とても良かったです。

温泉の方は、少しだけ温度は高めに感じましたが、お湯あたりはやわらかくとても気持ち良かったです。

感染症が流行しているせいもあり、宿泊客がかなり少なかったので、ほぼ貸し切り状態で入浴することができて、とてもリラックスできました。

掛かった費用

掛かった費用の合計は、62,340円でした。

なかなかこんないい温泉旅館に泊まることはないので、かなり奮発しました。

内訳としてはこんな感じです。

いつもホテルや旅館を予約するときは楽天トラベルを利用しています。

たまたま、楽天トラベルの年末年始予約クーポンが6,000円分ありましたので使わせてもらいました。

その他、楽天ポイントが貯まっていたので10,000円分使いました。

Go Toトラベルが使えれば良かったのですが、適用されない期間ができてしまったため、Go Toトラベルは使えず。。。

実際の手出しは46,340円となりました。

値段は少し高いかなと思いました。

もうちょっと安くなると文句なしの大満足でした。

最後に

以上、今回は松江市の玉造温泉にある「玉造グランドホテル長生閣」を紹介しました。

少し値段は高かったですが、部屋、料理、温泉など非常に良かったです。

良ければ長生閣で宿泊してみてください。


この記事が玉造温泉での宿泊先を検討されている方の参考になると嬉しいです。

おまけ

長生閣の他お部屋

長生閣にはとっても素敵なお部屋があるようでした。

値段はだいぶ高いですが、憧れます。

いつか泊まることができたらいいなーと思います。

長生閣公式 HPより
じゃらんHPより

島根みん

長生閣のお土産屋さんでこんなやつが売っていて、つい購入してしまいました。

島根みんというやつです。

日本全国にあるみたいです。

「都道府県みん」という名前みたいです。

もし長生閣に宿泊される場合は、島根みんのどじょうすくいバージョンを探してみてください。

顔出しパネルで面白写真

こんな感じの顔出しパネルがありました。

ちょっと見つけにくいところにあるんですが、結構笑える写真が撮れました。

お時間ある方は写真撮ってみると楽しいと思います。

温泉街の町歩き

温泉街の町歩きも楽しかったです。

夜だともっと雰囲気があるのかもしれませんが、ホテルにチェックインしてすぐに散策しました。

お洒落なお店もあったり、色々見て回れます。

カフェや居酒屋などもありましたので、夜に出歩いてみるのも楽しそうでした。

長くなってしまいましたが、これで終わりにしたいと思います。

最後の最後に以前書いた出雲大社の参拝方法の記事を載せておきます。

島根旅行の際に出雲大社に参拝される際は参考にしてみてください。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

この記事を書いた人

 

さらしんと言います。会社員をしながらブログを更新しています。週末はサッカーのポンコツ審判員としても活動中。資産形成にも興味あり。まずは100万円を目標に取り組んでいます。大したことはつぶやきませんが、Twitterもやっています。気軽にフォローお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です