バルキーンブラックエディションを購入しました

スポンサーリンク

こんにちは。さらしんです。

サッカー審判用の笛を購入しました。

購入したのは「バルキーンのブラックエディション」です。

まだ中身を開封していませんが、紹介したいと思います。

バルキーン(VALKEEN)とは

バルキーンは、モルテン社が販売しているサッカーの試合専用の笛です。

世間一般では、2010年の南アフリカW杯で西村雄一さんが使用されていたことで脚光を浴びるようになりました。

西村さんはバルキーンの開発にも携わったようです。

バルキーンの特徴

4.15kHzと3.67kHzの2つの音の波長の干渉によって、独自のうねりを発生させる。さらに、上下に大きく張り出したフィンが空気の流れをコントロールし、4オクターブもの高次倍音を含む、太くキレのある立ち上がりの早い音を生み出す。

楽天市場の製品紹介から抜粋

色々と難しいことが書いてありますが、太くてキレのある高音が特徴です。

形状も普通の笛と一線を画しています。

見た瞬間にバルキーンで分かる特徴的な形状となっています。

VALK+KEENの意味

VALKはオランダ語でハヤブサという意味。

KEENは英語で鋭いという意味。

バルキーン(VALKEEN)という名前はそれを組み合わせた造語とのこと。

北欧神話の女神バルキリーのイメージも込められているようです。

数多くの審判員が愛用

現在でも1級審判員を始め、多くのサッカー審判員に愛用されている笛です。

サッカーの審判をやっている人ならみんなが憧れるそんな笛です。

値段も笛としてはかなり高額で、大4,000円くらいで販売されています。

モルテンの方の情報によると

Twitterのタイムラインに流れてきたモルテンの方の情報によると、使用から数ヶ月で音が変わってしまうそう。

半年ごとの交換を推奨されています。

普通の人は、そんなに頻繁には購入できませんね。

筆者が購入したバルキーンブラックエディション

筆者が購入したのはバルキーンのブラックエディションです。

フリップグリップとセットです。

見た目のかっこよさと、限定800個というのに釣られて急いで購入しました。

普通のバルキーンも笛としてはかなり高いのですが、それの倍くらいする値段にも関わらず購入してしまいました。

笛の側面にシリアルナンバーも入っています(273番でした)。

購入は楽天がおすすめ

今のところ購入できるところは筆者が知る限りでは、以下の3つです。

購入できるところ
  • 楽天市場
  • フタバスポーツ(オンラインショップは売り切れ)
  • サッカーショップKAMO

楽天市場だと取り扱っている店舗がいくつかあるので見た感じまだ在庫がありそうです。


筆者はフタバスポーツで購入しました。

https://twitter.com/kazu0348164818/status/1385820637600436230

フタバスポーツさんのオンラインショップを先ほど確認したところ、もう売り切れになっていました。

サッカーショップKAMOもオンラインショップでは筆者が見た時は売り切れとなっていましたが、現在は在庫ありの表示となっています。

サッカーショップKAMO オンラインショップ

限定800個ということですので、購入を検討されている方はお早めに決断した方が良さそうです。

最後に

今回勢いでバルキーンのブラックエディションを購入しました。

1万円弱という高額のお買い物です。

買って届いたはいいものの、使うのちょっともったいないかもと思ったりもしています。

また、自分みたいなポンコツがこんないいもの使っていいのかという思いも沸いてきています。

この笛に見合う活躍ができるように日々のトレーニングや競技規則の勉強など頑張っていきたいと思います。

以上最後まで読んで下さってありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です