【天然のプール】島根県雲南市にある龍頭ヶ滝(龍頭が滝)に行ってきました

先日家族で、島根県の雲南市にある「龍頭ヶ滝」に行きました。

子供も大人も楽しめるとても良いスポットでしたので、紹介したいと思います。

特に、夏の暑い時期に行って水遊びをしたり、涼んだりするのがおすすめです。

日本の滝100選にも選ばれているということで、滝好きの方にもおすすめです。



龍頭ヶ滝とは

龍頭ヶ滝は、島根県雲南市掛合町にある滝です。

近くにある八重滝と共に、「日本の滝百選」に選ばれています。

しかし、その存在はあまり知られておらず穴場的なスポットではないかと勝手に思っています。

龍頭ヶ滝までの道のり

龍頭が滝は結構な山奥に存在しています。

車がないと行けません。

交通アクセスは以下の通りです。

  • 出雲市から車で約50分
  • 松江市から車で約80分
  • 三次市から車で約90分

アクセスはそんなに良くはありません。

国道54号線から脇道に入っていきますが、滝の近くになると道幅が狭くなります。

最初はこんな風に2車線の道路です。

滝の近くになってくると、車1台しか通れないところも出てきます。

所々にすれ違い用の場所がありますので、お互い気をつけながら進めば問題ありません。

ただ、車の運転に自信のない方は少し注意が必要かもしれません。

対向車がこないことを祈りましょう。

駐車場の情報

駐車場は全部で35台分くらいあります。

滝に近い側の駐車場は10台くらい停められます。

その少しくだったところに約25台分の駐車スペースがあります。

自分が行ったときは夏休みということもあって、駐車場がいっぱいで、空くまで少し待つような状況でした。

滝の上にも駐車場があるようですが、そこへの行き方は分かりません。

龍頭ヶ滝(雄滝)の様子

滝の様子はこのようになっています。

「雄滝」と「雌滝」の2種類があるのですが、写真は「雄滝」の写真です。

結構迫力があります。

また、この滝の珍しいところとして、滝を裏側に回って見ることもできます。

滝のふもとは、浅くなっている部分が多く、小さい子供達の水遊びの場所としてぴったりです。

自分達が行ったときも多くの子供達が楽しそうに遊んでいました。

糸トンボもいました。

他にもトノサマガエルがいたりして、色んな生き物を見つけるのも楽しかったです。

滝を満喫した後は

龍頭ヶ滝を満喫した後は、駐車場近くのかき氷屋さんでかき氷を食べるのがおすすめです。

滝まで行って帰ってきて、汗をかいているせいもあるかもしれませんが、ここのかき氷が抜群に美味しいです。

龍頭ヶ滝とかき氷はワンセットにしましょう。

16時頃に閉店されるみたいですので、行くのが遅いと食べられません。

その他 注意点など

滝までは10~15分くらい歩きます

駐車場に車を止めて、川沿いを滝に向かって数百m歩いていきます。

「雄滝」と「雌滝」の2種類があり、「雄滝」を見るには、少し傾斜のきつい階段を上っていきます。

手すりがないので、高齢で足が弱い方には少し危険かもしれません。

トイレについて

駐車場に1カ所あります。

滝の近くにも1カ所あります。

靴よりもサンダルが良い

滝の近くを散策するときには、サンダルが便利です。

靴を濡らさずに移動するには、岩に飛び乗ったりしないといけません。

バランスを崩して倒れそうな人もいました。

サンダルだと川の中を歩いて行けます。

何より、足を川に浸すのが気持ちいいです。

虫に注意

トイレや滝にブヨが多くいました。

虫除け対策は必須です。

自分達は半袖半ズボンで遊んいましたが、虫に刺されるリスクを低減するために、長袖長ズボンの方が良かったと振り返りました。

虫除けスプレーや虫除けリングなどの対策は必要だと思いました。

最後に

今回は龍頭ヶ滝について書きました。

行くにあたって、少しアクセスも悪い部分もありますが、見応えのある素晴らしい滝です。

滝好きの方、涼を求めたい方にはおすすめです。

島根観光の行き先の一つに加えられてもいいかと思います。

水遊びもできますので、小さいお子様のいる家族連れでも楽しめるスポットだと思います。

良かったら行ってみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です