土屋鞄にランドセルを見に行きました

こんにちは。さらしんです。

うちの息子が来年から小学生になるということで、ランドセル選び(いわゆるラン活)をしています。

広島の土屋鞄に行き、購入するものを決定しました。

土屋鞄のお店の様子や決めたランドセルについてまとめました。

ランドセル選びをされている方の参考になると嬉しいです。



土屋鞄とは

1965年に東京の下町の小さな工房からスタートしたランドセルを作っている鞄屋さんです。

本物の革を使って、手作りで質の高いランドセルを作っておられます。

質はとても高いのに、価格は抑えられており、非常に人気の高いメーカーです。

現在は、全国に店舗を展開されています。

土屋鞄ランドセル 公式HP

「ランドセルはこどもたちにとって人生で最初の鞄。こどもたちが初めて手にするものだからこそ、“本物”を届けたい」

土屋鞄のランドセルは、創業者・土屋國男のそんな思いから生まれました。

土屋鞄HPより

完全受注生産で、やっておられるようです。

TwitterやInstagramのアカウントもありますので、こちらからも商品についての情報収集が可能です。

参考にしてみてください。

【Instagram】:https://www.instagram.com/tsuchiya_randoseru/?hl=ja

自分は今までランドセルに全然興味がなかったので、土屋鞄のことは嫁さんに教えてもらって初めて知りました。

全部のランドセルを見たわけではありませんが、いくつかのランドセルを比較して、ここの土屋鞄のランドセルが一番いいんじゃないかという結論に至りました。

土屋鞄 広島店に行きました

カタログやHP、SNSなども見て参考にしましたが、ランドセルはやはり高価な買い物です。

インターネットでの購入も可能だったのですが、実物を見て決めることにしました。

子供の気に入ったやつを買ってあげたいという想いもありました。

住んでいるところから一番近くの、「土屋鞄 童具店・広島」へ出向きました。

お店は、原爆ドームなどがある平和記念公園の近くにあります。

今年は、コロナウィルスの影響もあり、入店は完全予約制となっていました。

WEB上で行えるので、下記URLから確認してみてください。

実店舗の入店予約制および接客について

ネットの予約表でいっぱいだった時間帯でしたが、電話して聞いてみると受け入れてもらえました。

土日の昼間は大体予約で埋まっていますが、どうしてもその時間しかお店を訪れることができない方は、電話で確認してみるといいかもしれません。

お店の様子はこんな感じです

種類や色は結構豊富でした。

女の子だと結構迷ってしまうかなと思いました。

子供が選んだのはこのランドセル

No.1 ベーシックカラー 牛革 黒×白

子供が選んだのはこのランドセルです。

シンプルで素敵なデザインです。

自分もこれが一番いいと思いました。

No.7 ベーシックカラー クラリーノ®・エフ 黒×白

ちなみに、最後まで迷ったのは、これです。

ボタンのところと、表面のつやの感じに違いがありました。

色は黒がいいと、最初から決めていたようで、その中で自分でいいと思ったものを選んでいました。

肌触り、背負った感じ、縫い目の色など細かくチェックして決めていて、成長を感じました。

お店の前で写真も撮れます

店内だけだと、色の違いが分かりにくいということで、お店の外まで商品を持っていっていいということでした。

また外で写真を撮ったりしてもいいということで、お言葉に甘えて写真を撮らせてもらいました。

無事気に入ったものが見つかり、我が家のラン活はこれにて終了です。

あとは、WEBで注文して納品を待ちたいと思います。

ランドセルのデザイン以外で気にした項目

ランドセルを購入するにあたって、デザイン以外で気にした項目は、2つです。

  • 重さ
  • 収納力(A4ファイルが収まるか)

重さについて

土屋鞄のランドセルは、重いのではないかというアドバイスを親戚などからもらっており、その点心配していました。

しかし、土屋鞄が1,390g。

イオンのかるすぽが1,250gくらい。

100gくらいしか変わりませんでした。

手で持った感じも軽く感じましたし、子供も大丈夫ということで、安心しました。

収納力について

また、収納力についても、心配していましたが、2021年モデルからは、A4ファイルも入るようになっているようです。

土屋鞄ランドセルHPより

土屋鞄のランドセルも毎年進化を遂げているようですので、機能面でも他のランドセルにひけをとらないと思いました。

去年は即完売だったらしいです

土屋鞄のランドセルは、去年は即完売だったみたいです。

販売開始と同時に店舗に人がごった返して、あっという間に予定販売数量が売れてしまったらしいです。

一方、今年は、一部商品を除いてですが、売り切れを気にすることなく購入できる期間が設定されています。

元々は5月末まででしたが、コロナウィルスの影響もあり、8月末まではその期間が延長されています。

高い買い物ですので、ゆっくり自分のペースで決められるのはいいことだと思います。

また、近くに店舗がない方もいらっしゃるかもしれませんが、出張店舗の開催も予定されております。

全都道府県ではありませんが、一度確認してみて、近くの出張店舗に行かれてみてもいいと思います。

出張店舗の開催について

※出張店舗も予約制となっているようです。

シンプルなランドセルって意外とない

Amazonより

ラン活を始めるにあたって、まず市場にはどんなランドセルがあるのか、近場のゆめタウンやイオンに見に行きました。

男の子のランドセルはメーカーのロゴが入っていたり、エンブレムが入っていたりしているのが主流でした。

むしろそういうのしかなかったです。

ネットで見てもそんな感じです。

恐らくこういうカッコイイ系が男の子には人気で、メーカーもそれに対応している様子です。

シンプルで素敵なやつというのはなかなか見当たりません。

この辺は好みの問題なので、しょうがないとは思うのですが、自分達の好みに合うのは土屋鞄のランドセルでした。

シンプルで素敵なランドセルがいい人は、土屋鞄のランドセルをおすすめします。

親や家族に感謝

ランドセルを子供に買うようになって、改めて思うのは、自分の親や祖父母に対する感謝の気持ちです。

今の自分と同じように、子供や孫のことを思ってランドセル買ってくれたんだなって思うと、なんだかセンチメンタルな気持ちになりました。

自分が使う側だったときは、ランドセルに親や祖父母の色んな想いが込められているとは、1mmも思っていませんでした。

親の心子知らずとはまさにこのことです。

子供に買ってあげたランドセルも、乱暴に扱われていくのが想像できます。

そうなると修理のことなどは心配になるんですが、安心して下さい。

土屋鞄のランドセルは6年間無料保証となっています。

子供の不注意による故障や傷なども無料で対応してもらえます。

詳細は以下のリンクを参考にしてください。

土屋鞄ランドセル修理について

帰りに寄り道

ランドセルもいいのが決まって、一安心。

帰りにLECTに寄って帰りました。

竹清のうどん食べて、伊都岐珈琲のソフトクリームを頂いて帰りました。

LECTは美味しいものが揃っています。

今回はコロナの影響もあり、せっかくの広島をあまり満喫できなかったので、次回は泊まりで行ってお好み焼きや牡蠣などたらふく食べたいです。

余談ですが

今年の土屋鞄ランドセルのポスターやカタログなどのイラストは、小池ふみさんのものです。

これも素敵ですよね。

嫁さんも小池ふみさんが好きみたいで、カレンダーを使っています。

他にも小池ふみさんに関する色んなグッズもあるようなので、好きな方はチェックしてみて下さい。

ランドセル選びをした日。

いい思い出になりました。

それでは最後まで読んで下さってありがとうございました。

皆様もお子さんの気に入るランドセルが見つかりますように。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です