おすすめの焼き鳥屋さん「秋吉」

スポンサーリンク

今回は、自分の好きな焼き鳥屋さんについて紹介したいと思います。

そのお店の名前は「焼き鳥の名門秋吉」!

先日の大阪出張時に新大阪の秋吉に久しぶりに行ってきました。

やっぱり美味しくて、記事にして紹介しようと思い立ちました。

全国的な知名度がどのくらいあるのかはよく分かっていませんが、本当に美味しいんです。

これを読んだ方が、出張先や旅先で居酒屋に迷った時、選択肢の一つとして入れてもらえると嬉しい限りです。

秋吉とは

福井県で生まれた焼き鳥屋さんです。

恐らく福井県民で秋吉の焼き鳥を食べたことがない人は、一人もいないのでは?というくらい福井県では超メジャーなお店です。

普通のお店の数も多いことに加え、持ち帰り専門店や、イベントやスーパーなどの出店もあります。

福井県民のソウルフードの一つと言っても過言ではないでしょう。

お勧めは

純けい

まず絶対に食べて頂きたいのは「純けい」です。

純けいは、親鳥のことです。

若鶏と違って、かなり歯ごたえがありますが、その分噛めば噛むほど味が出てきて、とても美味しいです。何本でもいけます。

純けいは、からしを付けていただきます。

このからしとのマッチングもよく、病みつきになる美味しさです。

次は少し好き嫌いが分かれるかもしれませんが、白をお勧めします。

こちらは、豚のホルモンです。

これもまた美味でして、何本でもいけます。

こちらは、タレにつけていただきます。

焼きおにぎり

焼き鳥をお勧めすると見せかけて、まさかの焼きおにぎりです。

これが本当に美味しいです。炭火で焼いているのでとても香ばしいです。

最後の締めとしてこれを食べないとお店を後にすることができません。

必ず頼むものリスト(サラリーマン審判的、秋吉のスターティングメンバー)

私が来店時に必ず頼むものをリストアップしてみました。

美味しいものばかりです。

純けい

きゅうり

キャベツ

ねぎま

しんぞう

しいたけ

ポテトフライ

串カツ

レンコン揚げ

揚げ出し豆腐(店舗によってはないところもある)

焼きおにぎり

以上、こんな感じです。

純けいは、最低でも20本はいきます。

翌日あごが筋肉痛になるのがまた幸せです。

客層は

基本的にはビジネスパーソンが多い印象ですが、若いグループやカップルも見かけます。

会社の飲み会、仲間同士、恋人同士、どんな場面でもいける場所です。

また、座敷や個室があるお店もありますので、子供連れでいらしている方も多く見かけます。

うちの子供も、2歳くらいから秋吉の焼き鳥を好んで食べていました。ポテトフライなどのサイドメニューも充実しているので、小さいお子さんとでも楽しめるお店であると思います。

予算

秋吉に行くとついついビールが進む傾向がありますので、お酒をよく飲まれる方の場合はだいたい6,000円/人 程度。

そうでない方は4,000円/人 程度かなと思います。

その他豆知識

店員さんに、男性は社長、女性はお嬢さんと呼んでもらえる。

串の形状が四角と丸の2種類あり、その形状によって、お勧めのタレが決まっており、四角の串がからし用、丸い串が普通のタレ用となっています。

(最終的にはお好みですけどね)

最後に

秋吉に行くと料理も美味しいし、ついつい楽しくなって、飲み過ぎてしまいます。

20代の頃は、二日酔いはほとんどしなかったんですが、最近は翌日に残るようになってきました。

最近は二日酔い対策として、ハイチオールCを飲む前に飲んでいます。

これが意外と効果的で、翌日調子がいいです。

皆さんも是非試して見て下さい。

次に秋吉に行ける日を想像して、また仕事や子育て、審判と頑張って行こうと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

少しでも皆さんの参考になれば嬉しいです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です