島根県浜田市の名産品「赤てん」について紹介します

浜田市民のソウルフードと言っても過言ではない、「赤てん」。

そんな「赤てん」について紹介したいと思います。

今まで一度も食べたことがない方がいらっしゃれば、是非一度食べてみて頂きたいです。



赤てんとはどんなものか?

まず、赤てんがどんなものかといいますと。

「魚肉のすり身に赤唐辛子を練り合わせて、パン粉を表面にまぶして揚げたもの」です。

ジャンルとしては天ぷらとか練り物の類いになると思います。

文章だけではイメージできないと思いますが、こんな外見です。

赤唐辛子が練り合わせありますので、写真の通り赤い色をしています。

味は、高速道路のサービスエリアによく売っている天ぷら(~天)に近い味です。

ただ、赤唐辛子が練り込まれているので、味はピリ辛です。

江木蒲鉾店の江木赤てん

赤てんは島根県浜田市の名産品として有名です。

島根県内ではいくつか製造しているところがありますが、一番有名なのは、江木蒲鉾店の江木赤てんです。

浜田の人は、大多数の人が「赤てん」=「江木赤てん(江木蒲鉾店の赤てん」と認識しています(たぶん)。

江木赤てんは、島根県内ではその存在感は高く、県内のスーパーに行けば必ず置いてあります。

こんな感じで山積みされています。

また、浜田市内のほとんどの居酒屋で、食べることができます。

製造元の江木蒲鉾店に行って直接購入することもできます。

近年ではインターネットでも購入できるようです。

最近は真空パックタイプ、スティックタイプ、ハート型もラインナップがあるみたいです。

食べたことがない方は、こちらからどうぞ。

江木赤てんの凄さ

実は江木赤てんは、その美味しさから各種メディアにも多く紹介されています。

秘密のケンミンSHOW

「ビールにぴったりな熱愛ご当地グルメ」で島根県出身の女性芸人「ニッチェ」が紹介。

「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」

ビールに合うおつまみとして紹介。

ドイツの方に枝豆、さきいか、冷や奴、赤てんで人気投票した結果、見事1位を獲得。

「ウチくる!?」

石原良純さんお気に入りの練り物として紹介。

「男子ごはん」

お酒のおつまみ特集で、新感覚3品として紹介。

他にも、日本ギフト大賞2015「島根県賞」を受賞しています。

その昔は、ウィッキーさんがテレビCMをやっていました。

赤てんの美味しい食べ方

赤てんの美味しい食べ方は、パッケージに記載があります。

オーブントースター、フライパン、あみ等で弱火にてふっくらとふくれるまで焼き、マヨネーズ、醤油又はお好みのソースでお召し上がられますと、一層味が引き立ちます。

個人的には、オーブンやフライパンで表面がカリカリになるまで炙って、マヨネーズをつけて食べるのがおすすめです。

バーベキュー時に網の上で焼いて食べるのも美味しいです。

お弁当の一品としてもおすすめできます。

最後に

江木赤てんのレシピは極秘らしく、江木蒲鉾店を受け継ぐ店主しか知らないそうです。

まさに一子相伝の味。

皆さんも一子相伝の味を是非お試し下さい。

ビールや日本酒と一緒にどうぞ!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です