たけびし(7510)の株主優待が到着しました

スポンサーリンク

こんにちは。さらしんです。

株式を保有しているたけびしの株主優待(クオカード)が届きましたので紹介します。

たけびしの株主優待に興味のある方は是非見ていってください。

たけびしの株主優待はクオカード

たけびしの株主優待は、クオカードです。

2回目の優待取得となります。

今回は1,500円のクオカードが届きました。

たけびしの株主優待制度

たけびしの株主優待制度は2021年9月から変更となります。

株主優待制度変更について(たけびしHP)

https://minkabu.jp/news/2975547

今まで1年に1回の優待(権利月3月)でしたが、1年に2回になります(権利月3月と9月)。

継続保有期間による上乗せが廃止となっています。

保有株式クオカード金額
100株以上1,000円相当(年2回)
1,000株以上2,000円相当(年2回)

私は100株の保有です。

このまま保有して年2回の優待を受け取り続けたいと思います。

たけびしの事業内容

たけびしは、会社で取引があることもあって、自分の中では、三菱のシーケンサやサーボモータを取り扱っている商社というイメージです。

ただ、そういったFA機器以外にも色々と手広く取り扱っているみたいです。

大きくは4つの事業に分かれています。

たけびしの事業
  • 産業機器システム(FA関連)
  • 半導体、デバイス
  • 社会インフラ(医療機器、エレベーターなど)
  • 情報通信(防犯カメラシステム、プロジェクタなど)

三菱のシーケンサやサーボモータは、産業界には欠かすことのできないものです。

これがないと設備を自動で動かすことができません。

これらを取り扱っているということで、事業の基盤は盤石かなと思います。

コロナウィルスの影響で全体的に売り上げは下がっていますが、これからの回復に期待しています。

たけびしの株価と配当利回り(2021年6月28日時点)

2021年6月28日の終値だと、1,553円となっています。

1単元に必要なお金は、155,300円となります。

配当の権利付きは3月と9月となっています。

配当金も結構もらえます(予想配当利回り3.06%)。

配当もそこそこで、株主優待でクオカードももらえるので、個人的におすすめの銘柄です。

興味のある方は、銘柄を保有してみてはいかがでしょうか。

以上最後まで読んでくださってありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です