【2020年9月】運用資産公開

こんにちは。さらしんです。

2020年9月末時点の運用資産を公開します。

保有してから含み損だった「たけびし」が含み益になりました(パチパチパチパチ)。

興味のある方は覗いていってください。

2020年9月の個別株の評価損益

2020年9月末時点の個別株の評価損益です。

-6.80%でした。

(8月末:-9.51%)

先月よりも少し良くなりました。

相変わらずの含み損ですが、一時期に比べるとだいぶマシになってきています。

たけびしが含み益に

保有してからずっと含み損だった「たけびし」が含み益に転じました。

予知保全が再注目されて、工場のFA機器の需要が伸びるという思惑みたいです。

現場の感覚だと、ずっと予知保全には取り組まれてきているので、再注目とか言われても全然ピンときません。

でもこれが株式市場なんかなという感じです。

ウィルグループが続伸

8月に購入したウィルグループが伸びています。

特に手放す予定はないので、しばらく放置して様子を見たいと思います。

2020年9月の投資信託の評価損益

投資信託は、楽天VTI(全米株式インデックスファンド)を積立購入しています。

2020年9月末の評価損益です。

-0.09%でした。

(8月末:+9.67%)

だいぶ評価が下がりました。

特に気にせず、これからも淡々と積み立てていきたいと思います。

今後の展望

今後の展望といえるほどのものはないのですが、

個別株はそのまま放置。

投資信託は淡々と積立。

これでいきます。

10月は新しいiPhoneが発売されるということなので、電子部品業界にはポジティブな影響があるかもしれませんね。

動向を見守りたいと思います。

最後に、投資関連で買って良かった本を紹介します。

参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です