2018年5月の審判活動振り返り

スポンサーリンク

早いもので5月も終わり6月に入りました。

5月の審判活動について振り返っていきたいと思います。

割当て担当試合数

全部で4試合でした。

内訳

内訳は以下の通りです。

社会人3試合(主審1試合、副審1試合、4th 1試合)

中学生1試合(主審1試合)

警告、退場

警告2回(ラフプレーが2回)、退場0回でした。

警告について

1件目は、攻撃側の選手がパスを出した後に、遅れて横からスライディングをして、攻撃側の選手を転倒させた件。

2件目は、イーブンのボールに対して、両競技者がボールにチャレンジしにいった際に、ボールに触るのが遅れた方が、先に触った相手競技者の足を蹴った件。

いずれも悪意はないように見えましたが、結果的に危険となるプレーでしたので、警告を出しました。

今年自身が担当した試合の警告の理由をまとめてみました。

ラフプレーが一番高い割合となっています。

今後も継続して集計していきたいと思います。

月間走行距離(試合以外)

今月のランニング距離は、60.21キロでした。

私は体力維持を目的に、週に2回程度は仕事帰りに5キロほど走っています。

5月は気候が良い日が続きましたので、走るのには適していました。これからも継続して走っていきたいと思います。

ランニングについては、Nike+RunClubを使用して走行距離を記録しています。ランニングについてはInstagram(アカウント名:salashin3)で記録していますので、興味ある方(いるわけないか)はそちらもフォローお願いします。一緒に頑張って走りましょう。

また、私は田舎に住んでおりますので、走る時は真っ暗闇の中を黙々と走っています。暗闇の中を走りやすくするために、最近こんなものを購入しました。


パナソニック LEDネックライト ブラック BF-AF10P-K

すでにお持ちの方も多いかもしれませんが、暗い夜道をランニングされる方は是非使ってみて下さい。

今月のケーススタディ

サッカーの審判をしていると、色んなことを質問されたり、色んな場面に遭遇したりします。

時には競技規則に正解が載っていない場合もあり、判断に迷うこともあります。

今月あった判断に迷ったことをメモ代わりに記載します。

ビデオカメラの撮影について

試合前のマッチミーティングで、ベンチ内でビデオカメラの撮影をしても良いかの確認をされました。

私は判断できなかったので、先輩審判員に判断を委ねました。

結論としては、ベンチ内での撮影はお断りしていました。

理由としては、録画したものをすくに再生して抗議される可能性があるからということでした。

ベンチから離れたところで撮影してもらい、録画している人は試合中は関係者と接触しないことをお願いしていました。

次回同様の案件があったら、そのように対応しようと思います。

キーパーの交代について

こちらも試合前のマッチミーティングでゴールキーパーの交代について確認されました。

ゴールキーパーがチームに一人しかいない場合、そのゴールキーパーがケガをしたら、フィールドプレーヤーがゴールキーパーをやることになるのですが、その時のユニフォームについて確認がありました。

今回はそのゴールキーパーと交代するフィールドプレーヤーの登録番号とゴールキーパー用のユニフォームの番号が違ってもいいか?ということでした。

本来であれば、交代してゴールキーパーになるフィールドプレーヤーは、ゴールキーパーのユニフォームを着用する、そしてそのユニフォームの番号はフィールドプレーヤーの登録番号である必要があります。

本来はNGだったのですが、準備も間に合わないということでしたので、今回は私の判断で認めました。

次回からは貼り番号などで準備をしてもらうようにお願いしました。

最後に

今月はワールドカップの開催もありますね。

睡眠不足の日が続きそうです。

今月も割り当てをいくつか頂いていますので、ミスのないようにいい準備をして臨みたいと思います。

最後まで読んで下さった方ありがとうございました。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です